包茎手術の失敗例ってどんなもの?

ロゴ
トップページ
<医師の執刀経験などを確認する>
包茎手術を受けるとして、気になる点としては包茎手術の成功率はどのくらいであるのかと言ったことではないでしょうか? 手術をするとしても、成功率が高くないのならやりたくないといった人も多いでしょうが、実は包茎手術において医療事故とされるような失敗というのはほとんどないそうです。 そうした点からすると成功率はかなり高いのですが、包茎手術の場合は手術そのものは上手くいったとしても失敗だとされてしまう例が幾つかあります。 ここでは包茎手術の失敗例について考えてみます。 包茎手術で失敗とされるケースですが、最も多いケースとしては手術痕が残ったというようなケースですね。 基本的に包茎手術においては、手術後の見た目にこだわる人が多いですよね。 事前の説明では手術跡はほとんど残りませんなどのような説明を受けていたにもかかわらず、術後に痕が残ってしまったという人がいます。 包茎手術を受けた場合、基本的には余っている包皮を切除する方法になりますので、直接メスを入れることになります。 メスを入れるということは目立たないにしろ、必ず手術痕は残ってしまうものなのです。 この点を手術を受ける前に必ず把握しておかないと、幾ら手術痕が目立たないと言っても痕が残ってしまっているから失敗だと感じてしまうことになります。 医師からすれば成功しているのですが、患者からすると失敗しているということになってしまって、その後にトラブルとなることもあります。 近年では手術痕が目立たないような手術が流行っていますが、この手術は執刀する医師の技術にかなり左右されてしまいますので、手術痕にこだわるのなら包茎手術を受ける医療機関の成功率や、医師の執刀経験などを確認するようにしたいですね。 中には、医師の情報を公開しないといったような医療機関もあるようですが、そうした医療機関では手術を避けるようにしておきましょう。 ただし、上でも書いたように幾ら手術痕が目立たないといっても、患者からすると、自分では手術をした場所がここだとすぐに解るため、逆に傷がすごく目立って見えるというような、心理的なものも加味され、目立って見えてしまうのも事実です。 必ず手術跡は残るものなので、自分自身があまり気にしないようにすることも大切です。

<包茎治療におけるクレームってあるの?>
男性にとって大きなコンプレックスとなるのが包茎といえるでしょう。 軽度の仮性包茎くらいならそこまで気にする必要はありませんが、真性包茎やカントン包茎になると治療の必要も出てきますので、包茎手術を受けた方が良いでしょう。 ここでは、包茎手術を含む包茎治療におけるクレームについて書いてみます。 男性にとって陰茎はとても大事なものですので、包茎治療を行った時に問題が起こることも少なくないようです。 この問題については大きく分けると、治療に関する問題が起こることもありますし、患者さんの方で問題を作っていることもあります。 例えばですが、包茎治療をする時に、手術ではなく包茎治療の器具を使ってセルフケアをしていく人も多いようです。 包茎治療の器具を使ったケアをした場合のクレームとしては、効果がなかったというようなケースが多いです。 そもそも包茎治療の器具を使って治療をするとしても、ほぼ効果を期待することはできないと言えます。 基本的に効果を期待できるのは、軽度の仮性包茎の人くらいだと考えておいて良いですね。 大きな効果を謳っている商品も多いので、その点は注意するようにしておきましょう。 包茎手術についてのクレームで最も多いのが、包茎手術後に包皮に突っ張るような感覚が残ってしまうということです。 包茎手術の基本とは、勃起をした時に余っている包皮を切除するというものですので、見た目がきれいに仕上がることだけを追求してしまうことで、この問題が良く起こってしまうそうです。 この包皮のつっぱり感を防ぐようにするには、見た目を優先するのか、見た目よりも包皮の違和感のなさを優先するのかで変わってきますので、事前にカウンセリングなどをしっかりと行って、納得いくまでに話し合いをすることが重要です。 また、アフターケアに重点を置いている病院を選ぶようにするのも大切なことですね。 包皮のつっぱり感とともに多いのは包茎手術をしたものの目立つ傷が残ってしまうというケースです。 近年では傷跡が目立たなくなる手術も増えてきましたが、執刀する医師の技術が必要になることが多いです。 その為、執刀医の情報や病院の情報、成功率などを事前にしっかりと調べておくようにすると良いですね。



Copyright(c) 包茎手術の失敗例ってどんなもの?. All right reserved.